FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

くりっく365の税金

くりっく365の利益は、先物取引に係る雑所得に該当し、

他の所得と分離されて、所得税15%、地方税5%の

合計20%の税率により、税金が課されます。


店頭FXとは異なり、他の所得と合計する必要がなく

また、どんなに利益がでても、所得税と地方税の合計で、20%の税率となります。


所得金額の計算式は、通常の雑所得と同じく、

収入金額 - 必要経費

となり、残りに対して20%の税金となります。


くりっく365の利益がマイナスだった場合、

店頭FXの損失と同様に他の所得との相殺はできません

ただし、


他の先物取引に係る雑所得との相殺ができます。


たとえば、商品先物取引、日経225などの利益による所得は

先物取引に係る雑所得に該当し、それらの所得との相殺が可能です。


さらにマイナスが残る場合、

翌年以後3年間マイナスを繰り越しすることができます。

翌年に利益が出た場合、前年のマイナスと相殺することができるのです。

店頭FXの場合は、マイナスを繰り越すことができません。


翌年以降にマイナスを繰り越すためには、確定申告が必要となります。


確定申告をしないと、マイナスを繰り越すことができません


さらに、2年目以降の利益と相殺しても、まだマイナスが残る場合、

2年目以降についても確定申告をする必要があります


 : 先物取引に係る雑所得が


・1年目 -200万円の損失

翌年に繰り越すために、確定申告をする。


・2年目 100万円の利益 → 1年目の損失と相殺される。

前年の-200万円を繰り越ししたため100万円の利益が相殺され、税金は0となるが、

相殺しても1年目の損失 -100万円 が残っているので、

-100万円 をさらに繰り越すために、2年目も確定申告を行う必要がある



マイナスを繰り越す場合、確定申告書に、

平成 年分の所得税の 申告書付表(PDF/426KB)」、

先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書(PDF/173KB)

の添付が必要です。


関連記事

 店頭FXの税金 

 店頭FXとくりっく365の税金の比較

 税制上優遇されているくりっく365が使える会社一覧

2009/03/15(日) | くりっく365 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。